2011年01月20日

天からの授け物

はいどうもこんにちは南です。
花咲くいろはでは毎週本読み(各話数のシナリオ推敲会議)が開かれていまして、議論が熱くなった時は、夕方から日が変わるまで、それはもう夜通しの勢いで話し合いが行われています。

とはいっても基本的に本読みに参加するのは監督・ライターの方々・プロデューサーetc…自分のキャリアステップのはるか先にいる方々なので、「おっ、おお俺だっていつかは本読みに出てやるんだからね!」とかそんなことを思ったり思わなかったりして枕を濡らす訳です。毎日熟睡だけど。

そしてその本読みの際に恒例化?されていることがありまして、本読みが終わった後6〜7割の確率で自分の机に1.5Lのコーラが置かれているのです
なんでコーラよっていうと、まぁ会議の時に出た飲み物の残りなんですけれども

それでまぁ最初は「軽い新人いびりなのか?そうなのか?」とか思いましたが、しかし最近このコーラに隠された重要なメッセージに気がついたのです!!

実はこのコーラ、本読みに出席されている方々からの『お前も俺たちと一緒にコーラを飲める位置まで来てみろよ!』という激励と挑発の意味が込められていたのです!!
断じて設定制作の小柳さんが「あ、コーラ余っちゃった。南君いつもコーラ飲んでるから、机に置いておけばちょっとしたネタになるし置いちゃお、てへ」とかそういう話ではないのです!!

という訳で皆様の期待に応えるため、今日も車を走らせるのでした。
待ってろよ本読み!!
タグ:

2011年01月19日

大義があるならなりふり構わずやれ

皆さまこんにちは!
田無の揚州商人にストールを忘れてきた辻です.もう10日経ちます.首回りが寒いです.

西武新宿線の車両の中で面白い光景を目にしました.

がさがさ.監督と自分が座るシートの真向かいに,何かが印刷された大量の紙の束をひたすら並べ替えている青年の姿が.がさがさ.ペーパーレス化が進む今,その空間だけは何か異様な感じをかもし出しています.がさがさ.当然周りの乗客も? な顔です.学生さん? ビラ配りの人?

「花いろ」#04制作進行の南です.

編集直前で,シート(※アニメーションのタイミングや撮影処理等が書かれている)のコピーをカット順に並べ替えているんです,これ.自分も最初は何をしてるのかと目を疑いましたが,人目を気にせず移動時間もひたすら「花いろ」に集中.愛が無いと出来ません.そんなスタッフ愛が詰まった作品なのです!!

画像 001.jpg

乗り換えのホームでも…
タグ:辻充仁

2011年01月18日

魂の共有の難しさ

こんにちは! KANE-GONEです。

年が明けてから一層現場は忙しくなって参りました…(制作快調の証拠???)

普段は進行車でカット袋を抱え様々なスタジオ会社へ飛んでゆく制作ですが、場合によっては電車にて監督や演出さまと移動する機会もあります。

この間、監督とTラインPと一緒にとあるスタジオへ移動の最中、話題になったのは「これまでに感動した(涙した)作品は何か??」だったのですが、

あまりにも皆バラバラでした………
映画・アニメ・漫画等ちょっと出し合ってみたのですが余りにも噛み合わず…

自分が出してみた作品なんかは終始首をかしげられるばかりでした(そりゃそうか)

皆さんが最後に泣いたのはいつでしょうか???
お母さんに産んでもらった時が最後でしょうか???

…そんな訳はありませんよね。
でも思い出そうとしてみると………???


お恥ずかしい限りです。これではアニメーションに係わる者として失格です。
実は僕の担当する話数の「次郎丸太郎くん」を見ていると、このことを特に考えさせられます。

よし、これからは進行車の運転中だけではなく、もっと普段から泣き叫ぼう。

そう思った午後のJR中央線(快速)東京行きなのでした。
タグ:KANE-GONE

2011年01月17日

パラダイム

こんにちは!マツジュンです。

最近「7つの習慣」という本を読み始めました。
ベストセラーになってから数年。遅ればせながら手に取ってみた次第です。
まだ半分も読めてないのですが、面白い事が書かれていたので紹介したいと思います。

人々がモノを見る時には、個々が持つレンズのようなモノ(パラダイム)が存在し、認識や行動に影響を与えている。(要訳するとこんな感じ!)

この写真を見て皆さんは何をしているところだと思いますか?

IMG_0781.jpg

・ 納品日1週間前。最後のリテイク撮済みカットを回収。
お疲れ様ですね!心なしか背中から達成感が感じられます。

・納品を明日に控えている。が!机にはこれから直す必要のあるリテイクカットが…
お疲れ様ですね…。写真全体から悲壮感が漂ってきます…
写真に対してネガティブ・ポジティブ、みなさんはどちらの印象を受けたでしょうか?
実際は、仕事している途中で自分に頼まれて仕方なく写真を取られている後輩の写真なのですが…

要するに、まったく同じモノを見ていたとしても、見る人の経験や価値観、立ち位置によって捉え方は変わるのです!と言いたかったのです(回りくどくてスイマセン…)


先日アフレコに行ってきたのですが、あるシーンで何パターンかセリフの撮り直しをする場面がありました。
キャラクターに対して抱くイメージの大部分は統一されていたとしても、
細かな部分は人それぞれ違ってくるからなのかなーと思いながら
その微妙な違いを演じている声優さんの演技に感動しました。

皆さんはそのシーンを見てどのような印象を受けるのかなーと思いつつ、
放送後に語ってもらえるようなら覗いてみたいなと思います!
タグ:マツジュン

2011年01月16日

花いろの劇伴もオススメですよー

ランティスの木皿です。
花咲くいろは(以降「花いろ」)の音楽部分での制作宣伝もろもろもろもろ、担当させていただいてます。
イベント等で見かけたら遠慮無く声かけてくださいね。
花いろのスタッフのみなさんは全員優しい顔をしていらっしゃいますが、その中に坊主もしくはスキンヘッドのいかつい男がいたら私です^q^
パッと見は怖いかもしれませんが、実際はそんなことないのでご安心を。

音楽を担当するランティスからは、すでに斎藤Pがnano.RIPEについて触れているので
サントラについての話をしたいと思います。

今回サントラ(劇伴と言います)は浜口史郎さんにお願いをしました。
もちろん、もう完成しています。

関係者のみなさんにはすでにお送りしているのですが
手前味噌で恐縮ですが、非常に好評をいただいています。

壮大なフルオーケストラ!というわけではないのですが
小編成の弦楽器、木管、ギターなど、等身大な緒花たちを描く作品の雰囲気に非常に近いイメージですね。
聴いていて、すごく澄んでいて、優しい気持ちになれるんです。ほっこりというとちょっとくだけすぎてるかな。
そして時としてコミカルで、時としてゾッとする。
※劇伴なので色々なシチュエーションを想定して作られているので当たり前ですが^^^^^^^

放送開始になったら、是非是非劇伴にも注目してみてくださいね。
きっと、色んなTV番組で耳に出来るんじゃないかな、なんて思ってみたりしています。
バラエティ番組とかのBGMって、良くアニメの劇伴が使われてたりするんですよ。

そんなわけで作品の縁の下の力持ちとも言うべき劇伴ともどもよろしくお願い致します!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。