2011年01月18日

魂の共有の難しさ

こんにちは! KANE-GONEです。

年が明けてから一層現場は忙しくなって参りました…(制作快調の証拠???)

普段は進行車でカット袋を抱え様々なスタジオ会社へ飛んでゆく制作ですが、場合によっては電車にて監督や演出さまと移動する機会もあります。

この間、監督とTラインPと一緒にとあるスタジオへ移動の最中、話題になったのは「これまでに感動した(涙した)作品は何か??」だったのですが、

あまりにも皆バラバラでした………
映画・アニメ・漫画等ちょっと出し合ってみたのですが余りにも噛み合わず…

自分が出してみた作品なんかは終始首をかしげられるばかりでした(そりゃそうか)

皆さんが最後に泣いたのはいつでしょうか???
お母さんに産んでもらった時が最後でしょうか???

…そんな訳はありませんよね。
でも思い出そうとしてみると………???


お恥ずかしい限りです。これではアニメーションに係わる者として失格です。
実は僕の担当する話数の「次郎丸太郎くん」を見ていると、このことを特に考えさせられます。

よし、これからは進行車の運転中だけではなく、もっと普段から泣き叫ぼう。

そう思った午後のJR中央線(快速)東京行きなのでした。
タグ:KANE-GONE
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。