2011年01月31日

見えるけど見えないもの

はいどうもこんにちは南です

唐突ですが私この半年ほどぷよぷよにはまっていまして
カエル・階段・鍵・挟込み・GTR・ペルシャ・本線・催促・セカンド・カウンター・潰し・ネクスト・ネクネク・ハチイチ等々、一般の人が聞いたら(゚д。)?とかなっちゃう世界にどっぷりです。凝視できないけど。

それでまぁノリで、会社のPCのスクリーンセーバーもぷよぷよにしてるんですけれども、それを見た時の演出さんの話が興味深かったのでちょっと紹介を


演「ぷよぷよってさぁ、繋がった時の形とか色で表情が変わるよね。何もしてない時でもたまに表情のアクションがあったりするしさ」(大意)

南「おー、そう言われてみれば確かによくできてますねぇ・・・でも正直プレイしてる時はそんなこと気にしてられないですよw」

演「そういう見てる人達が気付かない所に、作り手のこだわりが込められてるんだよ」(大意)


画面に情報量を持たせたいけれども、やりすぎるとそちらに目が行ってしまい本編に集中できなくなる
かといって情報量を減らしすぎると今度は物足りなさを感じてしまう

目には見えているけれども、意識には入らない見えない部分
花咲くいろはにもそんなこだわりが画面のあちこちに散りばめられています

そして皆さんには是非ともそんなこだわりに気を取られることなく、本編を堪能して頂ければと思います

うーむ深い・・・
タグ:

アニメの雰囲気

つい先日、新年を迎えたばかりと思ったのに、もう1月も終わりです。

1月から始まった色々なTVアニメ新番組を楽しく見せてもらっているのですが、
この前、出来上がりつつある、『 花いろ 』本編の映像を見ながらナガッチョと、

「 そういえば、『 花いろ 』って、どんなアニメに似てるって言えるんだろう? 」

という話題になりました。

「 うーん。見た事あるような、無いような。 でも、なんかちょっと普通と違う不思議な雰囲気あるよね 」

というのが私の感想だったんですが、やはりP.A.WORKSさんの『 true tears 』の雰囲気が
好きだった方には、どこか懐かしい気持ちがするんじゃないかと思います。

毎作毎作、新しい事に挑戦してるP.A.WORKSさん。
今回は、「なるほど、こういうテイストで来たか!」と、思える映像になっているかと。

少しずつ出来上がってくる、この映像を早く皆さんにもお見せしたいです!

年明けからアニメ誌などで本格的に情報告知を始めましたので、
そちらのほうも是非、このアニメの雰囲気をチェックしてくださいね。

担当者:エモーション 福良
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。