2011年04月03日

第1話

こんにちは。ランティスの斎藤です。
ただいまTOKYO MXで花咲くいろはの第1話が流れています。
それを見つつ、Twitterの流れを見つつ、ブログ書いております。

そんな今、花咲くいろはの公式サイトが凄く重たいです。
アクセスが集中しているのでしょう。

第1話を見て、この作品に興味を持ってくれた方がたくさん居るということだと思っています。本当に嬉しい限りです。

初期の本読みやロケハンから参加させてもらったのもすでに懐かしい思い出。
音楽の打合せもたくさんしました。
たくさんの時間をこの作品と共にする中で感じるのは「ピュア」であることです。

それはスタッフの皆さんの「純粋さ」でもあります。
第1話を見て分かると思いますが、それは映像にもにじみ出ていると思います。

この作品で、緒花の行動、考え方、成長を通じて、見ている皆さんの心にも何かが芽生えてくれたら嬉しいです。僕もこの作品に携わる中で、いつもは考えないような色んなことを考えるようになりました。


このアニメで「nano.RIPE」というバンドが大きく世に羽ばたくことになると思います。「花咲くいろは」と「nano.RIPE」の出会いは運命的です。これ以上マッチングする組み合わせは他に無いと思います。

僕は立場上、もう先の話数も把握しているわけですが、とにかく「面白い」に尽きます。
ストーリーがしっかりしてる。親しみやすい。絵が綺麗。熱量が凄い。とにかく「早く来週が楽しみ」と思える作品になっていると思います。

1話足りとも見逃さないで欲しいですし、DVDやブルーレイもしっかり手元に残して欲しい作品です。それだけの価値は充分にあると思っています。


何はともあれ、第1話、おめでとう!という気持ちでいっぱいです。
そしてこの作品を見た多くの人達に笑顔や希望が生まれることを祈っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。