2011年04月11日

桜前線北上中

こんにちは、エモーションの福良です。


すっかり季節は春ですね。
こちら東京ではこの週末がお花見のピークだったかと思います。
自宅近くの桜の咲く公園では、多くの人が地面にブルーシートひいて酒盛りをしておりました。
西から東や北へ桜前線を追いかけて旅行する、桜が大好きな猛者もいると聞いたのですが、
その人達って、毎日が宴会なのでしょうね。いつか、そんな旅行もしたいものです。


旅行といえば、
ココに行くぞ!と目的地を決めて、宿を確保する時って、皆さんはどのように動きますか?
私の場合は……

インターネット普及前→
  旅行雑誌を見たり、観光協会で貰ってきた冊子を見て旅館・ホテルに直接電話
  もしくは旅行代理店でお店の人と相談しながら宿を予約

インターネット普及後→
  泊りたい場所をキーワード検索して見つけた旅館・ホテルのホームページ上でメール予約

だいたいこんな感じなんですが、
全国津々浦々の宿が、簡単に探せる上に、
人に会う事も喋る事もなく予約完了できちゃうネットって凄い便利!
サラリーマン的にも深夜に帰宅してから、予約取る事が出来るのは大変有り難いっス。


緒花や民子たちの喜翆荘(きっすいそう)って、どうやって予約するんでしょうね?
やっぱり質実剛健なスイ女将のイメージからして、電話がメインなのかな?
「お客様第一!」のスイですから、電話の応対も厳しく躾けられそうです。ガンバレ、緒花!

そんな喜翆荘の様子も、これからの放送で少しずつ描かれていきますので、お見逃し無く!

発奮するは、コメントにあり

こんにちは!マツジュンです。
早くも2話まで放送がスタートしておりますが、皆様ご覧になって頂けてますでしょうか?
“花いろ”を作るスタッフの一員として、皆様の反響はとても励みになります。やっと放送が始まって嬉しいです!

「やっと」と言うのも、”花いろ”の実制作は去年の夏からスタートしていました。
今は昔な頃から作っていたのです。放映前の作品制作というのは、”まだ放映スタート前だし大丈夫。スケジュールある!”という(根拠のない)安心感はあるのですが、反響というご褒美が無いわけで結構辛かったりもします。
V編(最終締め切り)はまだ来ないでくれーと思うのですが、OAは早く来てくれーと思うのですよ。喉元すぎればというやつでしょうか?…意味違いますね。

何が言いたいかと言うと、作品制作において一番のやる気の源は、見てくれる人の反響だ!と思うのです。
ITでユビキタスなネット社会のご時世、ブログだったりtwitterだったりニコニコ動画だったりと、意外と制作スタッフは生の声を見ているわけです。
「いぇ〜い!中の人見てる〜?v( ^ν^)v」みたいな書き込みに「見てるwwww」と書き込みたい気持ちでいっぱいなのです。
沢山の人に楽しんで、語って貰えたら…それはとっても嬉しいなって。

現在は後半話数の制作もスタートが始まり、現場はこれから本格的に忙しくなってきますが、皆様の反響を励みに頑張りたいと思いますので、どうか最後まで緒花達の成長を一緒に見守ってください!
タグ:マツジュン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。